「小夜子の魅力学」(1983年)

小夜子さんの奥ゆかしい、慎み深い魅力がつまった内容、モノクロの写真も綺麗です。これでペリエを知りました。